京都大学防災研究所巨大災害研究センター/東北大学災害科学国際研究所 共同運営サイト
災害・危機に関するウェブ情報のTR解析
 

テーマ一覧 その他のテーマは左記の「テーマ一覧」クリックするとご覧になれます.

2011年台風12号による大雨被害【Yahooニュース(トピック)】( 3時間 6時間 24時間 )
2012年台風15号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2012年台風16号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2012年台風17号・18号による被害【Yahooニュース】( 3時間 24時間 )
ハリケーン・サンディ【Yahooニュース】( 24時間 )
山梨のトンネル崩落事故【Yahooニュース】( 24時間 )
2013年台風26号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2013年フィリピン台風による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2014年台風8号による被害【Yahooニュース】( 6時間 24時間 )
2014年台風11号・12号による被害( 6時間 24時間 )
平成26年8月豪雨( 24時間 )

解析日時:2014/08/10 9:00 解析間隔:6時間
解析対象期間:2014/07/29 9:00~2014/08/10 9:00

2014年台風11号・12号による被害

■今日の注目記事 トップ5

記事見出し 配信日時 RV
1 〔台風11号〕鉄道運転状況 西日本に影響 四国は全列車運転見合わせ(10日6時現在) 2014/08/10
6:00
163.2
2 台風11号で4市町村に避難勧告 交通機関ダイヤ乱れる 京都 2014/08/10
7:55
130.4
3 帰省ラッシュ、鈍い出足 2014/08/10
7:57
120.4
4 台風11号、暴風域を伴い安芸市付近に上陸 2014/08/10
7:40
100.1
5 台風11号、高知上陸=大雨暴風に厳重警戒―気象庁 2014/08/10
6:33
100.1
1

〔台風11号〕鉄道運転状況 西日本に影響 四国は全列車運転見合わせ(10日6時現在)

2014/08/10 6:00 配信

キーワード=JR,終日,中国,鉄道,近畿

RV=163.2

台風11号の影響により、西日本の各地で鉄道の運行に影響が出ています。 中部・近畿中国地方の多くの路線で運転を見合わせているほか、台風が上陸した四国地方ではJR四国の全路線で運転を見合わせています。また、東海道新幹線にも一部区間で運転見合わせが発生しています。 今後も各地の交通機関への影響が見込まれます。交通機関の利用にあたっては、最新の情報を確認するよう努めてください。 ■運転見合わせ(★は終日運転見合わせ) 新幹線 ・JR東海:東海道新幹線(新横浜~熱海・岐阜羽島~米原) 中部 ・JR東海:東海道本線(豊橋~蒲郡)、飯田線(豊橋~天竜峡)、身延線(西富士宮~甲府)、御殿場線(国府津~松田)、関西本線(名古屋~亀山)、紀勢本線(亀山~新宮)、参宮線、名松線 ・名鉄:名古屋本線(豊橋~伊奈)、空港線 ・近鉄:内部線、八王子線 ・伊勢鉄道伊勢線 近畿JR西日本:★草津線(柘植~貴生川)、★関西本線(亀山~加茂)、和歌山線(高田~和歌山、高田~五条は終日)、きのくに線、JR宝塚線(新三田~篠山口)、福知山線(篠山口~福知山)、山陰本線(園部~東浜)、舞鶴線、小浜線、播但線 ・近江鉄道:全線 ・北近畿タンゴ鉄道:全線 中国JR西日本:山陽本線(上郡~糸崎)、瀬戸大橋線(岡山~児島)、宇野線(茶屋町~宇野)、赤穂線(播州赤穂~岡山)、伯備線(岡山~新見)、吉備線、津山線、因美線(智頭~津山)、姫新線(播磨新宮~新見)、芸備線(新見~備後落合)、福塩線(福山~府中)、呉線(三原~広) ・水島臨海鉄道水島本線 ・井原鉄道井原線 四国 ・JR四国:全線 ・高松琴平電鉄:全線 ・土佐くろしお鉄道:全線 ・土佐電鉄線 ・阿佐海岸鉄道阿佐東線 ■ダイヤ乱れ 中部 ・JR東海: ・JR西日本:七尾線 ・名鉄:犬山線、常滑線 近畿JR西日本:琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線、学研都市線、JR東西線、湖西線、嵯峨野線、大和路線、奈良線、桜井線 中国 ・智頭急行智頭線 四国 ・伊予鉄道:全線
2

台風11号で4市町村に避難勧告 交通機関ダイヤ乱れる 京都

2014/08/10 7:55 配信

キーワード=世帯,終日,鉄道,近畿

RV=130.4

日本列島に接近した台風11号は9日、府内にも大きな影響を及ぼした。全域に大雨暴風警報が発令され、避難勧告は4市町村の5万5501世帯、14万2647人(午後9時現在)にのぼり、交通機関はダイヤが大幅に乱れた。昨年9月の台風18号で被害を受けた嵐山地区の渡月橋付近は桂川が増水し、自治体や消防の職員らが警戒に当たった。  避難勧告は木津川市、京田辺市と南山城村の全域、精華町の一部世帯に出され、長岡京市や南丹市は学校や公民館に避難所を開設した。京都市では山科区の民家1棟が床下浸水したほか、北区や左京区など6カ所で倒木の被害があった。府南部には土砂災害警戒情報が相次ぎ発令された。  JR西日本によると、関西線が月ヶ瀬口駅(南山城村)で規定を超える雨量を観測し、亀山-加茂間で終日運転を見合わせ。山陰線は馬堀-嵯峨嵐山間で徐行運転を行った。嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車も午後から運転を取りやめた。府北部でも山陰線や舞鶴線、福知山線でダイヤが乱れたほか、北近畿タンゴ鉄道(KTR)の宮津線も特急や普通が部分運休。KTRは10日午前の全列車を運休することを決めた。  道路では八幡市と久御山町の木津川にかかる上津屋橋(流れ橋)が通行禁止に。京丹波町の国道27号や京丹後市と与謝野町を結ぶ府道などでも一部区間が通行止めとなった。  府などは光のイベント「京の七夕」(11日まで)について、9日に続いて10日も中止すると発表。10日は府立植物園も閉園する。
3

帰省ラッシュ、鈍い出足

2014/08/10 7:57 配信

キーワード=三重,JR,終日

RV=120.4

お盆を故郷や行楽地で過ごす人の帰省ラッシュが9日始まり、静岡県内でも静岡空港や新幹線などが日中混雑した。ただ、台風11号の接近に伴う大雨の影響で、午後には三重方面の高速道路が通行止めになるなど一部の交通網が乱れ、やや出足が鈍いスタートとなった。  静岡空港管理事務所によると、同空港の発着便は国内便、国際便ともほぼ満席。天候不良で運休が決まっていたフジドリームエアラインズ(FDA)の鹿児島便以外は予定通り運航した。  空港の出発ロビーでは、リュックを背負ったりスーツケースを引いたりする旅行客らが列を作った。家族で沖縄旅行に向かう浜松市中区の男子中学生(12)は「イルカと遊んだりして沖縄の海を楽しみたい」と話した。  中日本高速道路によると、三重県内の高速道路が大雨のためほぼ全路線が通行止めになったが、県内区間は東名、新東名とも目立った渋滞はなかった。  JR東海静岡支社によると、JR静岡駅の「ひかり」乗車率は午後2時に下り90%、上り80%でピークになったが、夕方以降は70%以下に落ち着いた。台風のため外出を控える動きがあったとみられる。「こだま」は終日30~40%程度だった。
4

台風11号、暴風域を伴い安芸市付近に上陸

2014/08/10 7:40 配信

キーワード=三重,中国,近畿

RV=100.1

台風11号の影響で、三重県には大雨特別警報が出ている。台風は10日午前6時過ぎ、暴風域を伴ったまま高知県安芸市付近に上陸した。10日は広い範囲で大荒れとなるため、厳重な警戒が必要。  強い台風11号は四国の南の海上を北上し、10日午前6時過ぎ、安芸市付近に上陸した。午前7時現在、西日本は広い範囲で風速25メートル以上の暴風域に入っていて、四国と近畿では海上を中心に猛烈な風が吹いている。台風はこの後、速度をやや速めて中国地方や近畿地方を通過し、昼過ぎには日本海へと進む見込み。  11日朝までの予想雨量は多い所で、東海で400ミリ、四国、近畿、関東甲信で300ミリ、東北で250ミリ、北陸で200ミリ、北海道で180ミリ、中国で150ミリとなっている。また、西日本と東日本は11日夕方にかけて暴風が吹き荒れる見込み。  土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫、暴風や高波に厳重に警戒が必要。
5

台風11号、高知上陸=大雨暴風に厳重警戒―気象庁

2014/08/10 6:33 配信

キーワード=三重,中国,近畿

RV=100.1

強い台風11号は10日午前6時すぎ、高知県安芸市付近に上陸した。午後にかけて四国と中国近畿を縦断して日本海側に抜ける見込み。四国が暴風域にあり、西日本と東海の一部が強風域内。四国の太平洋側を中心に猛烈な雨が降り、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けている。三重県では大雨特別警報が続いた。  台風を取り巻く雨雲が紀伊半島や東海にかかるほか、湿った空気が北陸から東北に延びる前線に向かうため、関東にかけての太平洋側でも局地的に激しい雨が降った。暴風や高波にも警戒が必要。四国と近畿のほか、岡山、三重、岐阜、千葉、茨城の各県に土砂災害警戒情報が出され、各地で避難指示・勧告が出された。  高知県馬路村では10日午前0時40分ごろまでの1時間に80.5ミリの猛烈な雨が降り、同7時までの48時間雨量は1026.5ミリに上った。室戸岬では同4時半すぎに最大瞬間風速52.5メートルを観測した。  11日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海400ミリ、四国と近畿、関東甲信300ミリ、東北250ミリ、北陸200ミリ、北海道180ミリ、中国150ミリ。その後の24時間雨量は北海道100~150ミリ、東北50~100ミリと予想される。