京都大学防災研究所巨大災害研究センター/東北大学災害科学国際研究所 共同運営サイト
に関するウェブ情報のTR解析
 

テーマ一覧 その他のテーマは左記の「テーマ一覧」クリックするとご覧になれます.

平成24年の雪害【Yahooニュース(トピック)】( 1日間 )

解析日時:2012/02/02 9:00 解析間隔:1日間
解析対象期間:2011/12/01 9:00~2012/02/02 9:00

平成24年の雪害【Yahooニュース(トピック)】

■今日の注目記事 トップ5

記事見出し 配信日時 RV
1 秋田・玉川温泉で雪崩、岩盤浴場の3人死亡(読売新聞) 2012/02/01
19:14
109.1
2 3人の死亡確認 秋田・玉川温泉の雪崩事故(産経新聞) 2012/02/02
0:24
107.1
3 50人態勢で周辺捜索=3人死亡の玉川温泉雪崩―秋田県警(時事通信) 2012/02/02
6:08
94.7
4 「岩盤浴のテント消えた」雪崩、深さ1・5m(読売新聞) 2012/02/02
1:52
94.7
5 <秋田の雪崩>テント押しつぶされ、一瞬の出来事(毎日新聞) 2012/02/02
1:15
94.7
1

秋田・玉川温泉で雪崩、岩盤浴場の3人死亡(読売新聞)

2012/02/01 19:14 配信

キーワード=温泉,玉川,旅館,日本,秋田,仙北,岩盤,雪崩

RV=109.1

拡大写真読売新聞 1日午後5時頃、秋田仙北(せんぼく)市田沢湖玉川玉川温泉にある岩盤浴場で、幅約40メートルにわたって雪崩が発生し、男性2人、女性3人が巻き込まれた。 このうち、東京都のいずれも50歳代の夫婦は自力で脱出してけがはなかったが、他の男性1人、女性2人は死亡した。 県警の発表によると、死亡したのは横浜市泉区の草皆(くさかい)悦子さん(63)と東京都中野区の升川(ますかわ)容子さん(65)、仙北市の斎藤譲さん(59)。いずれも、現場から約300メートル離れたところにある旅館の宿泊客。現場の岩盤浴エリアには、雨雪を防げるようにテントが3張りあったが、県警によると、3張りとも約1メートル50の深さまで雪に埋もれていた。 1日は北日本から西日本にかけての日本海側を中心に風雪が強まり、各地で交通機関の乱れなどの影響が出た。気象庁によると、大雪は2日がピークで、3日にかけて日本海側を中心に続く見込み。
2

3人の死亡確認 秋田・玉川温泉の雪崩事故(産経新聞)

2012/02/02 0:24 配信

キーワード=温泉,玉川,旅館,秋田,東北,仙北,岩盤,雪崩

RV=107.1

 秋田仙北市の玉川温泉旅館利用客が雪崩に巻き込まれた事故で、心肺停止状態になっていた男女3人は、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。 県警によると、死亡したのは横浜市泉区の草(くさ)皆(かい)悦子さん(63)▽東京都中野区松が丘の升(ます)川(かわ)容子さん(65)▽仙北市西木町の斎藤譲さん(59)。草皆さんの夫も一時連絡が取れなかったが、無事が確認された。 3人は旅館から南東約300メートルの位置にある屋外に張られた3つのテント内で岩盤浴をしていた。雪崩はテント脇の斜面で幅約40メートルにわたって発生しており、テントはいずれも雪崩によって落ちてきた深さ約1・5メートルの雪に埋まっていたという。 秋田地方気象台などによると、1日午後6時現在、玉川温泉に近い仙北市角館町の観測地点で積雪115センチを記録。仙北市には暴風雪警報のほか大雪、雪崩、低温、着雪注意報が出ていた。 東北地方の日本海側はここ数日間雪が降り続き、積もった新雪で雪崩が起きやすい状況だったという。
3

50人態勢で周辺捜索=3人死亡の玉川温泉雪崩―秋田県警(時事通信)

2012/02/02 6:08 配信

キーワード=温泉,玉川,旅館,秋田,仙北,岩盤,雪崩

RV=94.7

 秋田仙北市の玉川温泉で3人が死亡した雪崩で、県警は2日、機動隊員ら約50人を動員し現場付近の捜索を行う。他に巻き込まれた人がいないか確認するとともに、当時の状況を調べる。 玉川温泉付近では、これまでの大雪で3メートル近く雪が積もっていた。積雪の表面に新たに雪が降り、新雪が一気に滑り落ちる「表層雪崩」の可能性もあり、詳しく調べる。 雪崩は1日午後5時ごろ発生。旅館玉川温泉」から300メートルほど離れた岩盤浴場付近の雪が幅約40メートルにわたって崩れ、屋外にあるテント三つが埋もれた。テントは岩盤浴の客が利用していた。 
4

「岩盤浴のテント消えた」雪崩、深さ1・5m(読売新聞)

2012/02/02 1:52 配信

キーワード=温泉,玉川,旅館,秋田,仙北,岩盤,雪崩

RV=94.7

 秋田仙北(せんぼく)市の玉川温泉で1日夕、雪崩が発生し、巻き込まれた3人が死亡した。 保養やがん療養で知られ、全国から年間20万人以上の湯治客が訪れる玉川温泉。現場付近は数日前から雪や風が強く、荒天が続いていた。 同温泉には、旅館玉川温泉」が1軒あり、旅館から約300メートルの岩盤浴エリアで雪崩が発生した。 同旅館によると、1日夜は死亡した3人を含め、客56人が宿泊していた。県警によると、雪崩に巻き込まれた5人のうち、自力で脱出した2人が「雪崩で(岩盤浴に使う)テントが消えた」と旅館に伝えた。 同旅館フロント担当の神田貴之さん(37)ら従業員7人は午後5時半頃、スコップを持って救出に向かった。現場は真っ暗で、一人ずつ懐中電灯で雪崩に埋まった現場を照らし、テントがあった場所の下を掘り進めた。約1・5メートルの深さの雪から、午後6時40分頃に女性を、同7時10分頃に男女2人を助け出した。従業員は人工呼吸や心臓マッサージをして、3人を旅館に運び、AED(自動体外式除細動器)で蘇生を試みた。 一方、仙北署からは同旅館へ3グループ、計16人の署員が向かった。深い雪に阻まれ、旅館の手前約1キロ・メートルで捜査車両が進めなくなり、午後7時40分頃、署員2人が徒歩で旅館に到着した。発見された3人はこの後、救急車で病院に搬送されたが、死亡が確認された。
5

<秋田の雪崩>テント押しつぶされ、一瞬の出来事(毎日新聞)

2012/02/02 1:15 配信

キーワード=温泉,玉川,旅館,秋田,仙北,岩盤,雪崩

RV=94.7

 1日夕、秋田仙北市の玉川温泉近くの岩盤浴場で、3人が死亡した雪崩事故。県警によると、雪崩発生時に現場近くにいた東京都の50代夫婦は「ゴーッと音がして、次の瞬間、少し雪に埋もれた。自力で脱出した」と話しているという。事故は一瞬の出来事だったとみられる。 県警によると、この夫婦は午後5時過ぎに玉川温泉内にある旅館に駆け込み、「雪崩があって人が巻き込まれたようだ」と通報。旅館は従業員を全員集め、現場の救助活動と宿泊予定者46人の安否確認に追われた。 宿泊客にフロント前に集まるように館内放送し、1時間近くかけて死亡した3人を含む4人がいないことを確認。従業員が午後6時20分ごろ、110番した。亡くなった草皆悦子さん(63)の夫も当初連絡が取れなかったが、雪崩発生時は岩盤浴場からトイレに行っていて無事が確認された。戻ろうとすると雪崩が起きていて、岩盤浴場の上に張られていたテントが雪でつぶれていたという。岩盤浴場から旅館までは約280メートル離れている。 救助活動をした従業員らは午後6時36分ごろに升川容子さん(65)、同7時10分ごろに斎藤譲さん(59)、同19分ごろに草皆さんをそれぞれ発見。いずれも救急車で仙北市内の2病院に搬送されたが、死亡が確認された。 仙北市によると、玉川温泉の積雪は1日午後6時現在287センチ。【小林洋子】