京都大学防災研究所巨大災害研究センター/東北大学災害科学国際研究所 共同運営サイト
災害・危機に関するウェブ情報のTR解析
 

テーマ一覧 その他のテーマは左記の「テーマ一覧」クリックするとご覧になれます.

2011年台風12号による大雨被害【Yahooニュース(トピック)】( 3時間 6時間 24時間 )
2012年台風15号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2012年台風16号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2012年台風17号・18号による被害【Yahooニュース】( 3時間 24時間 )
ハリケーン・サンディ【Yahooニュース】( 24時間 )
山梨のトンネル崩落事故【Yahooニュース】( 24時間 )
2013年台風26号による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2013年フィリピン台風による被害【Yahooニュース】( 24時間 )
2014年台風8号による被害【Yahooニュース】( 6時間 24時間 )
2014年台風11号・12号による被害( 6時間 24時間 )
平成26年8月豪雨( 24時間 )

解析日時:2011/09/07 9:00 解析間隔:3時間
解析対象期間:2011/09/01 9:00~2011/09/07 9:00

2011年台風12号による大雨被害【Yahooニュース(トピック)】

■今日の注目記事 トップ5

記事見出し 配信日時 RV
1 台風12号被害 破られた「治水堤」 三重・紀宝町(産経新聞) 2011/09/07
7:56
52.2
2 台風12号で被害 京都市、和歌山・田辺を支援(産経新聞) 2011/09/07
7:56
15.2
1

台風12号被害 破られた「治水堤」 三重・紀宝町(産経新聞)

2011/09/07 7:56 配信

キーワード=地区,自衛隊,町長,こと

RV=52.2

 県内にも大きな被害を及ぼした台風12号。紀宝町で6日、新たに80歳代の男性1人が行方不明になっていることが分かった。同町には平野達男・防災担当大臣も入り、鈴木英敬知事や政府調査団とともに視察した。 ◆道路寸断で捜索難航 県によると、同町では4日午前5時20分ごろから7時前にかけ、熊野川支流の相野谷(おのだに)川が氾濫し、土砂崩れが相次いで発生。大里地区で87歳の男性が死亡し、高岡地区では住宅4棟が全壊し、男性1人が骨折の重傷。北檜杖地区でも、男性1人が骨折の重傷を負った。 行方不明となっているのは土石流で9世帯のうち7世帯の家屋が流失した浅里地区の男性。地区では流された家屋の男性が骨折の重傷を負ったが、一人暮らしとみられる行方不明者の一世帯だけが確認がとれないことが6日、わかった。地区への道路は寸断され、自衛隊などの捜索は難航しているという。 ◆防災担当相ら視察 一方、平野防災担当相はこの日、町役場で鈴木知事や西田健町長らと合流。鈴木知事らから現状報告を受け「被災されている方に心からお見舞い申し上げたい」と述べ「全面的にバックアップし、一日も早い復旧を目指して取り組みたい」と二次災害を防ぐための施策などに触れた。 この後、町内を現地調査。男性が死亡した大里地区では泥や木が道路に残り、車が通ると砂ぼこりが舞う状態で、平野防災担当相は「雨や土石流による被害のすさまじさを再確認した」と感想を述べた。 また、流域の大里、高岡、鮒田地区に国土交通省がつくった「輪中堤」で今回の氾濫被害が防げなかったことに「全体の治水計画を見直すことが必要になるかもしれない」との見方を示した。 ◆支援対策始まる 今回の台風では各省庁などの支援対策もスタート。資源エネルギー庁は豪雨被災地の電気料金について、契約者の申し出に応じ、8〜10月分の支払期限を1カ月間延長する特別措置を認可した。災害救助法の適用を受けた熊野市、御浜町、紀宝町の3市町とその隣接自治体が対象。また、中部電力や関西電力なども認可を申請し、被災の影響で電気を使わない場合には、基本料金を10月から半年間免除するなどの特例を設けた。 また、農林水産省は日本政策金融公庫や農林中央金庫、全国農業協同組合中央会に対して、被災した農林漁業者に対する資金の円滑な融通や貸付金の償還猶予などの支援に取り組むよう要請。東海財務局と日銀名古屋支店は3市町の被災者を対象として、通帳を紛失した場合でも預金者であることを確認して払い戻しに応じるよう、各金融機関に要請した。汚れた紙幣の交換や、国債などを紛失した場合の相談にも応じる。 このほか、日本政策投資銀行は被害を受けた企業を対象とする相談窓口を、東海支店など全国4支店に設置した。設備などの復旧資金について融資の相談に応じる。
2

台風12号で被害 京都市、和歌山・田辺を支援(産経新聞)

2011/09/07 7:56 配信

キーワード=田辺

RV=15.2

 ■ペットボトル5000本送る 台風12号による記録的な豪雨で甚大な被害を受けた紀伊半島。行方不明者の捜索が続く和歌山県田辺市に対し、京都市は6日、支援物資としてペットボトル約5千本分の飲料水を送った。道路の寸断による集落の孤立化や難航する捜索活動、そして避難生活の長期化…。復興のめどは立っておらず、被災地への広域支援活動はさらに拡大しそうだ。 京都市の支援は、田辺市から大阪市への支援要請がきっかけ。大阪市の呼びかけで京都、神戸、堺を含む4政令指定都市が連携して支援すると決定した。 この日は午後3時から、京都市南区の上下水道局資器材・防災センターで、市消防局職員らが災害対策用に備蓄していたペットボトルをトラック1台に積み込む作業に取り組んだ。約30分で完了させるとすぐに田辺市役所に向けて出発、同日夜に現地に到着した。 現地では、水道や電気などのライフラインが切断され、道路が浸水して給水車などが立ち入れない地域が多いという。 京都市消防局は「今後も引き続き支援を行いたい」としている。